フィギュアダンス(ダンスプログラム編)

4回目はフィギュアダンス(ダンスプログラム編)です。最初のフィギュアロビ(有酸素プログラム編)とどう違うのかな。まずは、やってみましょう!

プログラムはウォームアップ1から始まり、2,3……と続いていきます。これはどのプログラムにも共通しているんですね。

フィギュアダンスは、フィギュアロビとは違って、やはりリズミカルにテンポ良い動きが多いのが特徴ですね。ノリよく気持ちよくついていけます。

これでいいの?

チョンダヨン・フィギュアロビクスは無理なく続けられるのが最大の特長だそうですが、まさしくそれを実感するようなプログラムがこのフィギュアダンスですね!気持ちよくかる〜くついていけますよ。

もっとハードなプログラムに挑戦したこともあるわたしですが、そういうのは最初こそモチベーション高くがんばれるんですけど、この「がんばる」っていうのは日常生活の中でなかなか長続きしないんですよね。

今日はちょっと疲れてるからお休みしよう、って一度休んでしまうと、なかなか再開できなかったり。

でも、このチョンダヨン・フィギュアロビクスなら無理にがんばろうと思わなくても日課みたいにして楽しめるかも。

しかも、4種類のプログラムがそれぞれ全然違って個性的なので、飽きっぽいわたしでも飽きずに続けられそうなきがします。

娘も一緒にやってました

この日、写真撮影を娘に頼んだんですが、自分自身もダンスを習っている娘。途中からじっとしていられなくなり、わたしの向かい側で一緒にやり始めてしまいました(笑)

今後は、この娘に背中を押されて続けていけるようになるかもしれません。

 

 

Copyright (C) チョンダヨンのフィギュアロビクス。私の画像レビュー. All Rights Reserved.